【お知らせ】令和元年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会を開催します(12月20日(金) 13:00 – 17:00)

中性子産業利用推進協議会,茨城県中性子利用研究会ほかでは,

令和元年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会を

「中性子・負ミュオンによる非破壊分析」

をテーマに12月20日(金)に東京神田のエッサム神田ホールにて

開催することになりましたので,ご案内致します。

【参加申込み】

参加を希望される方は申込フォームからお申し込みください.

<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdsSB0Qub63opPkSMRFSS-16E85sgRuudY5r86mNpXxZ0ZkgA/viewform>

入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます.

返信がご確認いただけない場合は、メールにてお申込みください.

メール申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫

E-mail: info@j-neutron.com

(1)名前、(2)所属、(3)連絡先(電話番号,E-mail address)、

(4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)をご記入の上、メールにて

12月13日(金)までにお申込みください.

令和元年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会

主催:中性子産業利用推進協議会

茨城県中性子利用研究会,

総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

共催:J-PARC MLF利用者懇談会(微量分析・非破壊検査分科会)

日時:令和元年12月20日(金) 13:00-17:00(開場12:40)

場所:エッサム神田ホール1号館 401会議室

〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2

TEL 03-3254-8787

<http://www.essam.co.jp/hall/access/> http://www.essam.co.jp/hall/access/

参加費(資料代):10,000円

中性子産業利用推進協議会の会員企業の皆様と大学、研究機関の方は無料です。

参加費は当日徴収させていただきます。 なお、当日講演資料をUSBメモリで配付

しますので、PCをご持参いただければ会場でご覧になることができます。

※協議会の会員企業についてはこちら

<http://www.j-neutron.com/participation/> http://www.j-neutron.com/participation/

プログラム

13:00-13:10 開会挨拶   研究会主査 海老原 充(早稲田大学)

<中性子利用分析>

13:10-13:35 中性子を利用した非破壊分析

松江 秀明(原子力機構)

13:35-14:05 即発ガンマ線分析と多重即発ガンマ線分析

藤 暢輔(原子力機構)

14:05-14:35 中性子放射化分析

三浦 勉(産総研)

<はやぶさ2の中性子利用分析>

14:35-15:05 はやぶさ2の回収試料の分析、中性子利用分析が貢献できること

白井 直樹(首都大学東京)

15:05~15:20 休 憩

<ミュオンを利用した元素分析>

15:20-15:45 大強度負ミュオンビームによる非破壊元素分析

久保 謙哉(国際基督教大学)

15:45-16:15 負ミュオンビームによる電池解析

梅垣 いづみ(豊田中央研究所)

16:15-16:45 負ミュオンビームによる考古学試料等の分析

二宮 和彦 (大阪大学)

16:55-17:00 閉会挨拶&お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:15~19:15

神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します。参加費は4,000円です。

講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので、是非ご参加下さい。

参加希望者は12月13日(金)までに、研究会参加申込みとともに登録下さるようお願い

致します。参加費は当日いただきます。なお、当日キャンセルされた場合にも参加費を

いただきますのでご了承下さい。