【お知らせ】令和元年度 物質科学研究会(第1回iMATERIA研究会 合同開催)を開催します(8月20日(火)10:00-17:00)

物質科学研究会

各位

 

中性子産業利用推進協議会ほかでは,

令和元年度 物質科学研究会(第1iMATERIA研究会 合同開催)を

 

     太陽電池材料研究の最前線

 

をテーマに820日(火)に東京神田のエッサム神田ホールにて開催する

ことになりました.詳細につきましては添付ファイルをご参照ください.

太陽電池産業とそれを支える材料・技術の最新の動向を概観するとともに

新材料の物性や構造研究のトピックスを紹介し、太陽電池材料の物性・構造解明に

おける中性子を始めとする量子ビーム利用貢献を議論します.

太陽電池材料に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

 

【参加申込み】

参加を希望される方は申込フォームからお申し込みください。

 

<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfn5WrOqbjreoohLn_pXzJ1J3nxJmijyn1

nhXHEjV2NALrCTw/viewform> ?参加申込みフォーム

 

入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます。

返信がご確認いただけない場合は、メールにてお申込みください。取りまとめの都合

上、

できるだけ816日(金)までにご連絡をお願い致します。

 

メール申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫

E-mail: info@j-neutron.com

(1)名前、(2)所属、(3)連絡先(電話番号,E-mail address)(4)交流会への参加の有

(領収書を発行します)をご記入の上、メールにてお申込みください。取りまとめの都合上、

できるだけ816日(金)までにご連絡をお願い致します。

 

令和元年度 物質科学研究会

(第1iMATERIA研究会 合同開催)

 

日時:令和元年820日(火)10:00-17:00

場所:エッサム神田ホール1号館401会議室

101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 TEL 03-3254-8787

   <http://www.essam.co.jp/hall/kaijo/index.html>

http://www.essam.co.jp/hall/kaijo/index.html

主催:中性子産業利用推進協議会

   茨城県中性子利用研究会

共催:J-PARC MLF利用者懇談会(結晶解析・pdf解析分科会)

協賛:総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

 

参加費:10,000

中性子産業利用推進協議会の会員企業の皆様と大学、研究機関の方は無料です。

参加費は当日徴収させていただきます。

資料はUSBメモリで当日配付しますので、PCをご持参いただければ会場でご覧になる

ことができます。

 

プログラム

10:00-10:05 開会挨拶   主査 大山 研司(茨城大学)

10:05-10:45 世界の太陽光発電産業・市場の変化および展望

                    栗原理砂(資源総合システム)

10:45-11:25 太陽光発電の主力電源化に向けた技術可能性と課題

                     植田 譲(東京理科大学)   

11:25-12:05 中性子でなにがみえるか? 材料科学の視点から

                     大山 研司(茨城大学)     

12:05-13:00 昼 食

 

13:00-14:00 太陽電池高性能化への材料科学的アプローチ

         :結晶シリコン太陽電池を中心に

                   宇佐美 徳隆(名古屋大学)   

14:00-14:30 Cracking the Atomic Mystery of Perovskite Solar Cell Materials

              with Neutron Scattering

                    Bing Li (Chinese Academy of Sciences),

                  and Yukinobu Kawakita (J-PARC)

14:30-15:00 有機系薄膜太陽電池(有機薄膜、ペロブスカイト)における

           電極緩衝層の役割:放射光光電子分光による考察

                     櫻井 岳暁(筑波大学)

15:00-15:20 休 憩

 

15:20-15:50 機械学習による適応的な実験条件の取得と材料計測への応用

                    沓掛 健太朗(理研)   

15:50-16:20 大型放射光施設を用いた新規太陽電池材料の開発

                    末益 崇(筑波大学)

16:20-16:50 太陽電池モジュールのPIDに対する材料科学的検証

                    城内 紗千子 (産総研)

16:50-17:00 閉会挨拶とお知らせ 峯村 哲郎(茨城県)

 

 

☆ 交流会:17:1519:15

神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します。参加費は4,000円です。

講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので、是非ご参加下さい。

参加希望者は816日(金)までに、研究会参加申込みとともに登録下さるよう

お願致します。参加費は当日いただきます。

なお、当日キャンセルされた場合にも参加費

いただきますのでご了承下さい。